西日本豪雨について【藤田】

0

    こんにちは、講師の藤田と申します。

     

    私からは西日本豪雨についてお話します。

     

    今月の6日に停滞した梅雨前線に2方向から多量の水蒸気が流れ込んだことによって、岡山市では

    降り始めから7日午後3時までの総雨量が310ミリという記録的大雨を記録した。それによって、浸水被害にあった地域(特に真備町)が多くあります。また、死者が217人(7月16日)になるとても規模の大きい災害になりました。この塾の周りも浸水してしまいました。土砂崩れなどの二次災害に気をつけてください。

     

    私は岡山理科大学生物地球学部に所属していることもあり、災害や気象などのことを関わることが多いので、西日本豪雨に関連したお話をしたいと思います。

     

    中国地方は瀬戸内海気候で比較的雨が降らない地方です。

    特に岡山は「晴れの国」といわれるくらい比較的雨が降らないのですが、実は土砂崩れの発生件数が中国地方が他の地方より多くなっています。

     

    なぜ中国地方に多く土砂災害が発生しているかというと、雨が多く降らないこともあって少しの量で崩れてしまう弱い地盤が残っています。また、中国地方の山が主に花崗岩(かこうがん)で形成されているため、崩れやすくなっています。花崗岩は人が触っただけで、削れてしまうほどもろい岩石です。それらの原因があって崩れやすくなっています。

     

    現在、西日本豪雨の被災者支援ボランティアに行かれている方が多くいますが、35℃を超える猛暑日が続いており、熱中症を発症した人が多いので、熱中症対策をしっかりとってください。

     

    最後に、1日も早い復旧と、被災された方々が日常生活に戻れるよう、お祈り致しております。

     

     



    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << March 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 一人暮らしのノウハウを伝授【津田】
      大和田常務
    • 一人暮らしのノウハウを伝授【津田】
      津田
    • 一人暮らしのノウハウを伝授【津田】
      野代 利恵

    links

    profile

    書いた記事数:36 最後に更新した日:2018/12/19

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM