第二次きのこたけのこ論争 【三村】

  • 2020.09.25 Friday
  • 17:00
こんばんは!三村です。


第一次論争から1週間が経ちました。



まずは前回の復習です。

前回の話の大きなキーワードは「残る印象」「感情が動くこと」の2つでした。


今回はそれを勉強にどう活かすのかを話します。


以前投稿した記事の内容も関わってきます。まだ読まれていない方は、一度目を通していただけると嬉しいです。


















まずは、残る印象には感情が動くことが大切だということを実感してみましょう。


















何事もなかったかのように話を進めます。




残る印象を作り出す方法を1つ挙げるとすると、それは「ご飯を噛むこと」です。





、、、、???






「例えや比喩を使って表現を噛み砕くこと」です。



日常の出来事とつなげて親近感を持たせたり、イメージのしやすい比喩表現を使ったりするんです。







自分が興味あることって、すぐに覚えられるし、もっともっと知ろうと思いますよね。


それも、「面白い!」「楽しい!」「すごい!」といった感情になっているから印象に残るわけです。



残る印象を作り出したいとき、「例えや比喩表現」は有効な手段の1つだと思います。






一番やって欲しくないのは、微妙だなぁ…の状態で聞かずに放っておくことです。


そこは一歩引くんじゃなくて、踏み込んできてください。


そうすれば、今まで悩んでいたところも「残る印象」に生まれ変わるかもしれません。








ということで、いかがだったでしょうか。


今回は「きのこの山」「たけのこの里」を一度も登場させないという暴挙に出てしまいました…(笑



その代わりに、途中登場した印象に残る人いませんでしたか?




もしその人の姿がカラフルで奇抜なファッションだったら、残る印象には「インパクトも大事」だということです(笑




ここまで読んでくださってありがとうございました。



また来週お会いしましょう〜!











フリー素材 : いらすとや
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM