まずはこの3つ!数学の文章題で意識すること 【三村】

  • 2020.09.11 Friday
  • 18:00
こんばんは!三村です。
最近、少しずつ涼しくなってきましたね。
僕も9月後半から大学の授業が始まるので、天気にはこのまま落ち着いといて頂きたいです(笑

さて、本題に入ります。
実は、塾で働いていてすごく感じることがあります。


「文章題が苦手な子って多いなぁ…」ということです。


特に数学を教えているとよく感じます。
確かに、文章題ってただ計算するだけじゃないから難しいですよね…


計算が得意な場合でも、その計算をさせてもらえないのが厄介なところです。
式立てないと計算が始まらないですからね。



皆さんは文章題を解くときにまず何をするでしょうか。
僕は、3つのポイントを意識すればだいぶ変わってくるかなと思っています。

そして、「文章題が分からない、苦手だ」と教えてくれる子の大半は3つのうちのどれかが意識できていないように感じます。



皆さんは全て意識できているでしょうか。



_燭魑瓩瓩襪里
⊂況のイメージ化
式で使う値の単位


この3つです。それぞれについて少しずつ解説します。少々長くなりますが、最後まで読んで頂けると嬉しいです。



_燭魑瓩瓩襪里
これは文章題を解くときの大前提です。結局何を求めて欲しいのかをちゃんと確認することが第一歩です。大抵の問題はこの部分をxとかyで表します。

何を文字で置くのかをしっかり考えること。
何を文字で置いたのかを確認すること。

これが基本になります。



⊂況のイメージ化
これはやってない子も結構見受けられます。文章題を見たとき、その名の通り「文章の問題」として解く子がいます。これって、文字の情報しかない状態で問題を解いていることになるんです。これが「文章題=難しい」と思わせてしまう原因です。

"文章題が分からない"のではなくて、"文字の情報だけでは足らない"と考えてみましょう。状況をノートにイメージ化してください。絵を描いてもいいし、図を使ってもいいです。状況を可視化することで頭の中を整理できます。



式で使う値の単位
これも結構見落としがちな所です。
式を立てると「○○+□□=△△」のような形になりますよね。このときに、それぞれの単位が同じであるかを必ず確認してください。

例えば、個数と値段の文章題があったとします。「○○+□□」は個数を表してるのに、
=で結んだ「△△」は値段を表してると、単位が違う(個と円)から式が間違ってることになります。

実際、文章題が苦手な子ではこのようなことが起こりがちです。式を立てるときには単位に着目するのもミスを減らすコツです。




以上3つのポイントをしっかり意識すれば、文章題のミスは確実に減ると思います!

そもそも式の立て方が分からない、イメージ化できないといった場合は、先生に教えてもらいましょう。まずは取り組むことが大切です。


これ良いなと思ったことがあれば、ぜひ参考にしてください!




ここまで読んでくださってありがとうございました。


また来週!





コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM