【紹介】高校化学の参考書

  • 2020.09.11 Friday
  • 17:00
こんばんは、三村です。

現在、薬学部4年生をしています。想像はつくと思いますが、化学や生物の知識をたくさん学んでいます。

元々僕は、国語と社会が苦手(…というかキライ)な理系人間です。


理系科目の中でも、化学はかなり好きでした。
今回はそんな僕が高校時代に使っていた化学の参考書を紹介しようと思います。

*著作権の都合上、題名と軽い感想のみとなります




[化学]
Do Start 橋爪のゼロから劇的!にわかる 理論化学の授業
Do Series 福間の無機化学の講義
Do Series 鎌田の有機化学の講義

全て同じシリーズです。
Do Start が初中級者向け、Do Seriesが中級者向け だと思ってください。

僕の場合、理論化学がイマイチ得意じゃなかったのでDo Startにしました。

ちなみに、Do Seriesの理論化学よりも個人的には分かりやすくて良いかなと思います。

僕の高校化学の勉強はこの3冊で完結しました。これ以外に教科書も問題集も使っていません。その分かなりやり込みました。
無機化学に関しては、やり込みすぎて大体の大学の2次試験も解けるようになってました(笑

それだけ分かりやすかったです。
また、1冊やり込めばそれくらい化学の知識が定着することも分かりました。





こんな感じですかね。良ければ参考にしてください。
ただ、参考書は実際に手に取ってみるのが一番だと思うので、自分に合ったやつを模索してみましょう。




以上、三村のちょっとした参考書紹介でした。









コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM