お世話になりました【塩原】

  • 2019.12.20 Friday
  • 20:55

JUGEMテーマ:岡山 塾

 

こんばんは。医学部6年生の塩原です。

 

本日がフラップアップゼミで働かせていただく最後の日です。

少し寂しいような気もします。

 

僕が書くブログは最後になるので、、今回は少しまじめなことを書きます。

僕が以前考えた、物事への取り組み方について書かせていただこうと思います。

 

よく「頑張るできる」、「頑張ればうまくいく」といったことを耳にします。

勉強にせよ、スポーツにせよ、どこかの場面で言われたもしくは言った経験を皆、持っているのではないでしょうか。

僕も以前が“がむしゃらさ”というものを大切にし、ひたすら頑張っていた時期がありました。

 

そんな時、こんな言葉を目にして、はっとした覚えがあります。

『頑張ることに逃げるな』

 

僕は、頑張る⇒必ず目標を達成するということを当たり前に考えていて、頑張っても失敗するということに目を背けていました。

そして、頑張れ“さえ”すればいいと自分の中で決めつけていたのです。

 

もちろん、“頑張って”いるのは自分だけではありません。その中で抜きんでるためにには他の何かが必要なのです。

“頑張る”ことは当たり前のことととして、ほかに自分のストロングポイントを見つけなければならないと思うのです。

 

そう思ったとき、どう時間をうまく使うかというところに考えが行きました。

効率をよくすると一言で言ってしまえばそれまでですが、その時、何かが変わった気がしました。

 

注意しておきたいのは、決して頑張るなと言っているわけではありません。僕は目の前のことを頑張れない人に効率だけを語られてもただ楽をしたいだけだと思ってしまいます。(ひねくれててすいません)

 

結局僕は、“頑張ること”と“時間をうまく使う”ことのバランスが大切だと思いました。簡単に言えばメリハリをつけるということになるのですが、このバランスのとり方が結構難しく、いまだに完全に納得できるところに行きついていません。

しかし、今は、バランスのとり方を試行錯誤していくことこそがとても大事な気がしてます。

 

 

面白みのない文章ですいません。

最後に、5年以上もの間フラップアップゼミには大変お世話になりました。

津田先生をはじめ、塾講師の先生方、生徒の方々、ありがとうございました。

 

 

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM